株式投資初心者が『日経225先物/日経225先物ミニ/日経225CFD/日経平均ETF』で大損しないための【さる株式投資カレンダー】

さる株
2013年9月 September
日曜日 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
1
2
【2013年9月2日(月)】 日経平均ETF/日経平均CFD/日経225先物/日経225先物ミニ売買は、『売り』
日経平均 13,573円
+184円(+1.37%)

売買高 18億5326万
売買代金1兆4598億

アメリカニューヨーク・ナスダック株式市場休場カナダ株式市場休場
3
【2013年9月3日(火)】 日経平均ETF/日経平均CFD/日経225先物/日経225先物ミニ売買は、『売り』
日経平均 13,978円
+406円(+2.99%)

売買高 24億2722万
売買代金1兆9565億
4
【2013年9月4日(水)】 日経平均ETF/日経平均CFD/日経225先物/日経225先物ミニ売買は、『ノーポジションで様子見』
日経平均 14,054円
+75円(+0.54%)

売買高 22億6824万
売買代金1兆7881億
5
【2013年9月5日(木)】 日経平均ETF/日経平均CFD/日経225先物/日経225先物ミニ売買は、『ノーポジションで様子見』
日経平均 14,065円
+11円(+0.08%)

売買高 24億0680万
売買代金1兆7810億


新月
6
【2013年9月6日(金)】 日経平均ETF/日経平均CFD/日経225先物/日経225先物ミニ売買は、『ノーポジションで様子見』
日経平均 13,861円
-204円(-1.45%)

売買高 22億3789万
売買代金1兆7092億

ブラジルサンパウロ株式市場休場
【8月米雇用統計】 
7
8
2020年オリンピック五輪大会開催都市東京に決定!
9
【2013年9月9日(月)】 日経平均ETF/日経平均CFD/日経225先物/日経225先物ミニ売買は、『ノーポジションで様子見』
日経平均 14,205円
+344円(+2.48%)

売買高 29億3756万
売買代金2兆1007億

インドボンベイ株式市場休場
10
【2013年9月10日(火)】 日経平均ETF/日経平均CFD/日経225先物/日経225先物ミニ売買は、『ノーポジションで様子見』
日経平均 14,423円
+218円(+1.54%)

売買高 42億3075万
売買代金2兆4412億

11
【2013年9月11日(水)】 日経平均ETF/日経平均CFD/日経225先物/日経225先物ミニ売買は、『ノーポジションで様子見』
日経平均 14,425円
+2円(+0.01%)

売買高 34億4316万
売買代金2兆2573億

大企業景況感
+12.0(過去最高)
中堅企業景況感
+9.6(過去最高)
中小企業景況感
−8.7(2004年調査開始以来マイナス)
12
【2013年9月12日(木)】 日経平均ETF/日経平均CFD/日経225先物/日経225先物ミニ売買は、『ノーポジションで様子見』
日経平均 14,387円
-38円(-0.26%)

売買高 25億9539万
売買代金1兆7449億
13【9月限月メジャーSQ】 日経225先物/日経225mini/日経225オプション SQ算出日
【2013年9月13日(金)】 日経平均ETF/日経平均CFD/日経225先物/日経225先物ミニ売買は、『ノーポジションで様子見』
日経平均 14,405円
+17円(+0.12%)

売買高 36億6160万
売買代金2兆7297億

SQ値:1万4323円
【限月交代】日経平均株価と日経225先物が「9月期末中間配当分」乖離
14
15
ドイツ総選挙
メルケル勝利
16
日本株式市場休場 敬老の日
17
【2013年9月17日(火)】 日経平均ETF/日経平均CFD/日経225先物/日経225先物ミニ売買は、『売り』
日経平均 14,312円
-93円(-0.65%)

売買高 36億3727万
売買代金1兆8887億

FOMC
18
【2013年9月18日(水)】 日経平均ETF/日経平均CFD/日経225先物/日経225先物ミニ売買は、『ノーポジションで様子見』
日経平均 14,505円
+194円(+1.35%)

売買高 30億8950万
売買代金2兆0626億


韓国株式市場休場
FOMC
量的緩和縮小見送り
19
【2013年9月19日(木)】 日経平均ETF/日経平均CFD/日経225先物/日経225先物ミニ売買は、『ノーポジションで様子見』
日経平均 14,766円
+261円(+1.80%)

売買高 37億4897万
売買代金2兆4147億

NYダウ史上最高値更新!15,709ドル
韓国株式市場休場
満月(十五夜)
20米国メジャーSQ
【2013年9月20日(金)】 日経平均ETF/日経平均CFD/日経225先物/日経225先物ミニ売買は、『ノーポジションで様子見』
日経平均 14,742円
-24円(-0.16%)

売買高 34億4778万
売買代金2兆2732億

韓国株式市場休場中国上海・深セン株式市場休場香港株式市場休場
21
22
23
日本株式市場休場 秋分の日
24
【2013年9月24日(火)】 日経平均ETF/日経平均CFD/日経225先物/日経225先物ミニ売買は、『売り』
日経平均 14,733円
-10円(-0.07%)

売買高 28億3389万
売買代金1兆9235億
25
【2013年9月25日(水)】 日経平均ETF/日経平均CFD/日経225先物/日経225先物ミニ売買は、『売り』
日経平均 14,621円
-112円(-0.76%)

売買高 31億1293万
売買代金2兆2281億

【9月末日権利日】 配当/優待権利付最終日(逆日歩1日)
26
【2013年9月26日(木)】 日経平均ETF/日経平均CFD/日経225先物/日経225先物ミニ売買は、『売り』
日経平均 14,799円
+179円(+1.22%)

売買高 30億4783万
売買代金2兆1534億

【9月末日権利日】 配当/優待権利落ち日
27
【2013年9月27日(金)】 日経平均ETF/日経平均CFD/日経225先物/日経225先物ミニ売買は、『ノーポジションで様子見』
日経平均 14,760円
-39円(-0.26%)

売買高 30億6704万
売買代金2兆0402億
28
29

30
【2013年9月30日(月)】 日経平均ETF/日経平均CFD/日経225先物/日経225先物ミニ売買は、『売り』
日経平均 14,456円
-304円(-2.06%)

売買高 27億0903万
売買代金1兆8942億
2013年8月<< >>2013年10月
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
ページトップ
【米国家計純資産 過去最高の『7,480兆円』(※100円/ドル) 】9/26
ちなみに、日本家計純資産は『2,000兆円』程度と言われているでゴザルから…ヾ(・ε・。)ジューブンスゴイ
まぁ〜どこにあるの?って感じでゴザルが…少なく見積もってもアメリカ先輩は日本の3倍はあるのでゴザルねぇ〜ε- ( ̄、 ̄A) フゥーパネー


【話題のNISA(ニーサ)ってナニーサ?】9/25
・利用限度額(非課税枠)は一人年間100万円まで! (累積合計額)
・年100万円の未使用分の翌年への繰り越しはできない!
・FX・先物・オプション取引は利用できない!
・株式の信用取引はできない!
・損益通算も損失の繰越控除(3年間)もできない!

…つまり、100万円買ってからデイトレでその日に売ったら、もう1年間利用できないってことでゴザロー( ̄ヘ ̄;)ウーン ドーデショー

さてさて、結局NISA(ニーサ)制度でお金が増えるのはいったい”誰”でゴザローか?( ̄人 ̄)フムー


【中国のバブル崩壊は秒読み段階に入った!?】大前研一ニュースの視点より抜粋 9/13
銀行業監督管理委員会によると、6月末の中国の銀行全体の理財商品の残高は9兆800億元(145兆6000億円)で、昨年末に比べて28%増加しました。
中国の銀行金利も決して高い水準ではないので、高い利回りを求めるとなると、理財商品に行き着きます。
結果として、地方政府の傘下にあるディベロッパーなどにその資金が流れていきます。
今中国では窓口規制が始まり、普通に銀行からお金を借りることが出来ないので、高い金利であっても、このような場所で借りるしか方法がなくなっています。
しかし、これでは国家が「利ざや稼ぎのゲーム」に参加しているようなものです。
日本のバブル崩壊直前、米国のバブル崩壊直前と全く同じような現象が起きています。
中国経済のバブル崩壊も秒読み段階に入ったと言えるでしょう。


【法人企業景気予測調査】(7〜9月期)9/11
 大企業景況感 +12.0(過去最高)
中堅企業景況感 +9.6(過去最高)
中小企業景況感 −8.7(2004年調査開始以来マイナス)

[PS] 日本企業数の99.7%、雇用数の7割を担う”中小企業が+プラス”になってこないと本格的に景気は良くならないのでゴザローね( ̄人 ̄)フムー
ページトップ

2013年9月 日経225売買成績表
単価:円 / 1列につき投資資金の10% (例:先物1枚 or 先物ミニ1枚)
売買日 新規買い 買い戻し 新規売り 売り 結果
9月2日   13690円  13570円   -120円
9月2日   13690円 13580円   -110円
9月2日   13690円  13590円   -100円
9月2日   13690円  13600円   -90円
9月2日   13690円  13610円   -80円
9月2日   13690円  13620円   -70円
9月18日    14510円 14450円   -60円
9月26日    14610円 14490円     -120円
9月合計 -750円
2013年の日経225売買成績表を見る ≫
ページトップ



○月○日権利取り 株主優待や配当金の権利を取れる最終日。
この日に決められた株数を持っていれば良い。
○月○日権利落ち 株主優待や配当金の権利落ち日。
この日に売っても良い。
45日ルール・米国債償還・利払い日 『45日ルール』とは、ファンドを解約したい場合、解約予定日の45日前までに通知しなければいけないという規則。
ファンドは四半期末に解約期限を設けていることが多いため、(2/15、5/15、8/15、11/15)が45日前にあたる。
オプションSQ 日経225オプション取引のSQ。毎月第2金曜日に算出される。オプションSQの週は変動幅が大きくなりやすい。
SQ(Special Quotation:特別清算指数)とは、決済最終日までに反対売買がなされたかった場合の清算指数として使用される指数のこと。
メジャーSQ 日経225オプション取引のSQと、日経225先物取引のSQが重なる日。
日経225先物取引では、3月・6月・9月・12月の第2金曜日の前場寄付がSQとなるため、3月・6月・9月・12月の第2金曜日がメジャーSQとなる。メジャーSQの週は値動きが激しくなりやすく、また相場の転換点になりやすい。
米国メジャーSQ 3月・6月・9月・12月の第3金曜日。日本のメジャーSQの次週がアメリカのメジャーSQとなる。
日本同様に値動きが大きくなりがちだが、日本のメジャーSQ程インパクトは大きくない。
ページトップ


【免責事項】
※さる株が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行動を勧誘するものではありません。
※銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いします。
※掲載される内容及び情報の正確性、完全性または適時性について保証を行なっておらず、一切責任を負いません。
※さる株は売買を目的とする有価証券の運用は行なっておりません。
※さる株が提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、一切責任を負いません。
※本文、データなどの著作権はさる株に属し、さる株の許可なく複製及び再配信等を行うことはできません。


 さる株式投資カレンダー 利用規約 免責事項 広告掲載について お問い合わせ
姉妹サイト
『純金投資・純金積立・純金ETF』で投資初心者が大損しないための【さる金投資カレンダー】
『不動産投資・リート(REIT)ETF』で投資初心者が大損しないための【さるリート不動産投資カレンダー】
『FX米ドル円、FX豪ドル円、FXユーロ円』で投資初心者が大損しないための【さるFX投資カレンダー】
株式投資初心者が大損しないための【株式投資名言・格言集】
Copyright(C) Sarukabu. All Rights Reserved.